FX税金 徹底解説
TOPリンク>解説

FX税金徹底解説 リンク『解説』

スワップ派 おすすめFX口座
セントラル短資FX

サイトマップ

FX税金の概要

  1. 取引所取引(くりっく)
  2. 店頭取引(OTC)
  3. 損益通算
  4. 必要経費

確定申告が必要か?

  1. 給与所得のある人
  2. 退職所得のある人
  3. 総合課税の雑所得
  4. 1〜3以外の所得の人
  5. 年金生活者
  6. ネット収入のある人
  7. 主婦(夫)
  8. 学生

税金の基礎知識

  1. 総合・分離課税と所得
  2. 所得税の仕組み
  3. 収入控除
  4. 所得控除
  5. 税額控除
  6. 税率(所得税額)
  7. 修正申告・更正請求
  8. 確定申告書AとB違い

FX脱税事件

FX税金参考資料

FX初心者のレバレッジ設定

FX比較スワップ派口座

リンク3 解説

 FX所得がある人は確定申告が必要かもしれません。解説しましょう。給与所得者は20万円までは申告しなくていいです。そういう特例が設けられています。20万円までとは、20万円ちょうどのことです。20万1円になると20万円超ということになります。「超」というのは1円でも超えたらということです。20万円までというのは20万円以下と同じ意味です。給与所得者ではない場合、所得控除を計算してみなくては分かりません。また、取引所取引の場合損失でも確定申告した方がよいでしょう。解説すると、取引所FXの場合、繰越控除があります。この繰越控除を受けられるようにしておくには確定申告をしておく必要があります。さて、店頭取引の損益通算について解説しておきます。損益通算というのは、所得の種類が違うものの損失を相殺することです。これは基本的にはできません。雑所得の中には様々な所得が混じっています。これは損益通算できます。この場合は損益通算ではなく内部通算といいます。所得の種類が「雑所得」というものの中で通算するからです。たとえば、年金と店頭FX損失を内部通算できます。年金生活者にとっては、非常に有利になっています。年金所得から税金を払っている人で、店頭FXで損失がある場合、損失分を年金所得から引くことができるので、税金がかからなくなる可能性もあります。年金で税金を払っていない人は、もしかしたら、少しぐらいのFX所得なら、税金を払わなくていいかもしれません。



リンクFX 税金 解説

当サイトは個人が調べたことをまとめたものです。万が一、間違えていることや情報が古くなっていることも考えられます。内容が100%正しいことを保証できません。納税時の疑問は税務署に確認するなどの対策をお勧めします。

Copyright (C) FX税金徹底解説, All rights reserved.